キャバ嬢の苦悩の日々を告白


by duz3o0ip1h

偽装献金、小沢氏問題で論戦へ=19日から代表質問(時事通信)

 国会は19日の衆院本会議で、菅直人財務相の財政演説に対し、各党が代表質問を行い、与野党の論戦がスタートする。自民党の大島理森幹事長が最初に質問に立ち、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件や小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件を徹底追及する。夏の参院選をにらみ、今国会最大の焦点となった「政治とカネ」の問題で、与野党は冒頭から全面対決。激しい論戦を繰り広げそうだ。
 小沢氏の資金管理団体の土地購入に関する政治資金規正法違反事件で、元秘書の石川知裕衆院議員らが逮捕されたことを受け、自民党は勢いづいている。大島氏は、事件について十分な説明責任を果たそうとしない小沢氏を批判するとともに、東京地検特捜部と全面対決する小沢氏を支持した首相の姿勢をただす意向。特に首相が小沢氏に「(検察と)闘ってください」と伝えた点を問題視している。
 また、首相の元公設秘書が昨年12月に起訴された偽装献金事件についても、首相の監督責任を問う。首相は野党時代に「秘書の責任は議員の責任」との主張を繰り返しており、過去の発言との整合性を指摘しながら追い詰めたい考えだ。
 さらに、大島氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を取り上げ、首相発言のぶれや指導力不足で米側の不信を招いたなどと批判。景気の底割れ懸念を踏まえ、経済・財政運営に関する政府の基本方針もただす予定だ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

衆院予算委、「政治とカネ」で首相が謝罪(読売新聞)
<平沼元経産相>新党結成の方針「参院選前に」(毎日新聞)
<都教育委>全都立高で日本史必修科目に 13年までに実施(毎日新聞)
橋下知事「大阪市長とはかみ合わない」(産経新聞)
「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺(産経新聞)
[PR]
by duz3o0ip1h | 2010-01-25 18:07