キャバ嬢の苦悩の日々を告白


by duz3o0ip1h
 福井県坂井市の油揚げ製造「谷口屋」がバレンタインデーの贈答用にハート型の油揚げを販売している。「年配の方にはチョコより喜ばれそう」と好評だ。

【写真特集】バレンタイン:かまぼこ、お猪口…“脱チョコ”健闘 「甘くない愛」もある?

 縦横各13センチ(1枚)〜3センチ(5枚)の5サイズがあり、いずれも270円。1日100個販売。奇麗な形に仕上げるため、材料をくりぬく型を作るのに試行錯誤したという。

 創業85年の老舗が初めて揚げたハート型。担当者は「これならトンビ(ライバル)にさらわれることはありません」。通販も可。問い合わせは同社(0776・67・2202)へ。【安藤大介】

【関連ニュース】
【こんなバレンタインも】バレンタインデーに京漬物を
【こんなバレンタインも】ラッコ:バレンタインに「ハート氷」
【こんなバレンタインも】バレンタインデーに 南部せんべい新商品
【バレンタイン特集】本年・・・

北教祖 日教組の牙城、突き上げ放題(産経新聞)
枝野氏の刷新相起用、首相じわり「小沢離れ」か(読売新聞)
「これちゃうかな」 山本病院理事長、肝臓片の摘出を“試行錯誤”(産経新聞)
小沢幹事長の資産総額20億円、貯金0!?…衆院議員資産報告書公開(スポーツ報知)
<バンクーバー五輪>「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)
[PR]
# by duz3o0ip1h | 2010-02-16 16:45
 国産ジーンズ発祥の地・岡山県倉敷市のジーンズ製造販売会社「藍布(らんぷ)屋」が、還暦祝いの定番商品、赤いちゃんちゃんこに代わる「還暦ジーンズ」を発売した。

【ジーンズの写真特集】ジーンズ・メイト:メイドさんがコーディネートのお手伝い! アキバに新店舗オープン

 見た目は普通のジーンズだが、ステッチや内側の布を赤くするなど“還暦仕様”にこだわった。価格は2万3100円(税込み)と少し高めだが、10年間の品質保証が付く。

 70年代前後に青春を過ごした還暦世代にとって、ジーンズは時代や体制への反抗の象徴。はき込むほどソフトになるというジーンズで、思い出もソフトによみがえらせて。【椋田佳代】

【関連ニュース】
【ジーンズの記事】スウェーデン:北朝鮮製ジーンズ、仮店舗で完売
【ジーンズの写真特集】DIMEトレンド大賞:「g.u.990円ジーンズ」が大賞に
【ファッション史の写真特集】真知子巻き、アイビー、hanako族… 懐かしいのはどれ?
【ジーンズの写真特集】鳩山幸さん:ベストジーニストに 首相は「頑張って」と声援 倖田來未・亀梨和也がV

「怖くなって逃げた」 青森県の女子高生の自殺手助け 容疑で無職男を逮捕(産経新聞)
雅子さま、大きく改善=活動広げるには時間必要−宮内庁(時事通信)
<拉致問題>安倍政権下で水面下の交渉 市民集会で元秘書(毎日新聞)
「せきがうるさい」結核病棟で殺人未遂 容疑の男逮捕 大阪府警(産経新聞)
あの派手な看板は何? 中国の観光サイトで「グリコ」人気(産経新聞)
[PR]
# by duz3o0ip1h | 2010-02-15 15:39
 ■末期の腎臓がん克服 命の大切さ訴え続け

 欽ちゃんファミリーの一員として人気を集めた俳優の小西博之さんは5年前、末期の腎臓がんと診断され、摘出手術を受けた。幸い転移はなく、驚異の回復力で仕事に復帰。俳優業の傍ら、がんの克服体験や命の大切さを語る講演活動も行い、前向きに生きる素晴らしさを訴え続けている。(文 道丸摩耶)

                   ◇

 42歳でたばこをやめたら太り始め、43歳で減量を始めたんですよ。ところが減量をやめても体重が減る。プロデューサーからも「コニタン、もうちょっと体重戻してくれないか」とクレームが来るようになったんです。

 食べたい気持ちはあっても、すぐおなかいっぱいに。ごはんのにおいで気持ち悪くなり、そのうち3大欲求がなくなりました。眠たいのに眠れない。しんどい。平成16年12月23日夕方6時。ついに京都のホテルで血尿が出ました。

 25日、病院で超音波検査をし、27日に慈恵医大に。「がんですか」「違う」と押し問答を30分くらい続け、ようやく「4、5センチかもしれんけど、左の腎臓に可能性がある」と言われました。

 17年1月に精密検査。「この辺りを見てほしい」と先生に注文をつけるくらい冷静でしたから、先生も普通に結果を話してくれました。「体も大きかったけれど、がんも13センチと大きかった」。早寝早起き、サプリ、水。いろいろやっていたけれど、健康診断には行っていなかった。ぼくは風邪もひかない健康体で、病院も入院も初めてでした。

                   ◇

 がんの可能性があると聞いた12月27日に、「翌年7月に『徹子の部屋』に出る」と目標を立てました。徹子さんに「こんな元気になった」と体験を語るのを目標に、そればかり考えて毎日うきうき。ところが2月1日、カレンダーをめくったら、入院する14日と手術する16日にマルが…。見た瞬間、あと2週間しかないと怖くなり、2日半、泣き通しました。

 周囲は「ゴールデンウイークまで生きられないだろう」と言われていたそうで、それをぼくだけ知らなかった。見舞客が5分ともたず病室を出て行くんです。みんな、外で泣いていたらしい。こんなに元気なコニタンが…と。

 手術の記憶はありませんが、麻酔が切れた後の痛みはひどかった。それでも、2日後から歩きました。親父(おやじ)が落ち込んでいたから、歩いたら喜ぶと思ったんです。今振り返ると、完全にから元気ですけれどね。転移がなかったため、25日に退院。病院の自動ドアを自分で開けて出たとき、思わず号泣しました。

 昨年9月の検査で異常がなく、「4年半でここまで来たら、もう大丈夫」と言われました。あと、「13センチのがんって言ったと思うけど、横が13で、縦は20センチやったんや」とも…。確かに写真を見ると、がんは楕円(だえん)形だった。専門医の間では、末期だったのにまだ生きていると有名なんだそうです。「元気に活躍していることは、ぼくらの励みになる」と言われました。

 昨年10月からはキックボクシングも再開しました。夏までには腹筋を割りたい。割れた腹筋に(手術跡の)Vサインがあったら、かっこいいんじゃないかな。

                   ◇

 昨年、欽ちゃんファミリーの清水由貴子ちゃんが死んだとき、ぼくは「冥福なんて祈るかい。おれは許さん」と言ったんです。メディアに出ているわれわれが死んだら、望みを失う人が多いから。

 入院中、ぼくは談話室でほかの患者さんにいろんなことを言った。パジャマを着替えといで。スリッパでなく靴をはき、普段の生活に近づこうって。体は病気でも、精神的に病気になったらあかんと。でも、話していたおばちゃんが翌日の朝、いないわけ。なんで僕だけ生かされてるんやろ。亡くなられた人の分まで命の大切さを伝えろということだと思ったんです。

 末期がんにしていただいたぼくだから、信憑(しんぴょう)性が出る。だから「何があっても死んだらあかん。生きていれば何とかなる」ってことを発信せなあかんと思っています。

                   ◇

【プロフィル】小西博之

 こにし・ひろゆき 昭和34年、和歌山県生まれ。大学在学中、中京テレビの教育番組の教師役でデビュー。「欽ちゃんの週刊欽曜日」のレギュラーとして人気を集め、「ザ・ベストテン」2代目司会者も務めた。ウルトラマンシリーズ「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」では、念願の隊長役を演じている。

「お家事情」を意識? 石川議員離党で「小沢氏の責任」封印か(産経新聞)
施設運営理事長らを逮捕=老人ホーム10人死亡火災−業務上過失致死容疑・群馬県警(時事通信)
電源コード断線火災事故 ドライヤーが最多の61件(産経新聞)
日常生活離れ「三日坊さんの旅」=静岡県袋井市〔地域〕(時事通信)
オリックス・小瀬選手 宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
[PR]
# by duz3o0ip1h | 2010-02-14 02:05
 弁護士資格がないのに、交通事故の当事者から報酬をもらって損害保険会社と示談交渉をしたとして、埼玉県警は10日、同県熊谷市筑波、元行政書士柿沢和雄容疑者(46)を弁護士法違反(非弁活動)の疑いで逮捕した。押収した資料などから、柿沢容疑者は行政書士登録した2000年5月頃から、約130人の交渉を手がけ、総額約5億円の保険金の受け取りに成功、報酬約8000万円を受け取っていたとみて、県警が実態を調べる。

 捜査関係者によると、柿沢容疑者は07年3月〜08年2月頃、交通事故にあった同県深谷市と群馬県玉村町の30歳代の男性から依頼を受け、保険会社と慰謝料などについて交渉し、依頼した2人から計約250万円を受け取った疑いが持たれている。

 柿沢容疑者は、深谷市内の一軒家で接骨院と行政書士事務所を経営し、「交通事故無料相談」「後遺症認定」「損害額算出」と書かれた看板を掲げていた。受け取った保険金額に応じて5〜20%を成功報酬としていたとみられる。「弁護士と異なり、着手金不要」との評判が口コミで広がっていたという。

 昨年12月に県警が事務所などを捜索すると、柿沢容疑者は行政書士業を廃業した。

小沢氏の嫌疑「証拠足りず」と特捜部長(読売新聞)
<公然陳列容疑>公共のPC使いネットでポルノ 少年逮捕(毎日新聞)
<福島第2原発>原子炉内に針金(毎日新聞)
知り合って1カ月で消費=男性から詐取の470万円−木嶋容疑者・埼玉県警(時事通信)
<JR函館線>雪氷でポイントが一時動かず 滝川駅構内(毎日新聞)
[PR]
# by duz3o0ip1h | 2010-02-12 17:06
 大学入試センターは5日、1月に実施したセンター試験の受験者数が、追試験を含めて52万600人だったと発表した。昨年より1万2979人多く、2年連続で増えた。志願者全体に占める受験率は94.08%で、平均5.81科目を受けていた。
 センター試験を入試に利用する私立大が増えたほか、不景気に伴う国公立大人気も受験者増の要因とみられる。インフルエンザなどで追試を認められた972人のうち、実際に受験したのは893人だった。 

【関連ニュース】
国公立大倍率、4.7倍=不景気で4年ぶり高水準
最大640人が受験=センター試験追試
得点調整行わず=センター試験
得点調整ない見通し=平均点を中間発表
センター追試972人に

<大阪・橋下知事>府立高、撤退ルール検討 「私立と競争、選別強化」(毎日新聞)
<山梨市長選>竹越久高氏が無投票初当選(毎日新聞)
福岡の贈収賄、贈賄側の前事務局長を逮捕(読売新聞)
<岡田外相>小沢氏の訪米「支援したい」(毎日新聞)
<節分>「福は内」園児350人が豆まき 東京・浅草寺(毎日新聞)
[PR]
# by duz3o0ip1h | 2010-02-11 14:02